SponsoredLink

海外行くなら海外旅行保険は常識

海外への旅行、毎年一度は行くようにしている人も少なくなく、すっかり一般的になりましたね。だけど、海外旅行が当たり前になった割には、海外旅行保険の方はまだまだその重要性が幅広く認知されるには至っていないように思われます。


海外旅行保険は、旅行中の病気や怪我、事故、盗難などの補償をしてくれるもの。海外とはいえたかだか数日の旅行だから、保険をかけるほどじゃない…と考える人も多いみたいですが、万が一の出来事は、いつ起きてもおかしくはないのです。


海外へ行くなら海外旅行保険は絶対にかけておくべき。クレジットカードで海外旅行保険を付帯しているものを持っているから問題ないと思っている人も、海外旅行へ行く前には必ず、そのクレジットカードに付帯している海外旅行保険の内容を最低限確認しておくべきです。


病気になった場合、海外だと日本では考えられない位高額の治療費がかかることもあります。盗難にあう可能性だって、ゼロではない。万が一事故にでもあって家族に迎えに来てもらうなんて事になれば、数百万円という費用がかかることも。それをカバーしてくれるのは、海外旅行保険しかないのです。


とかく日本人は、危機感が薄いです。自分だけは大丈夫という間違った考えが、海外旅行保険の加入率が6割程度という実情からも見受けられますね。


せっかくの楽しい海外旅行、何も起こらないに越した事はないですが、何があるかわからないのが人生!海外旅行保険をしっかりかけて、万全の体勢で満喫できるようにしたいものですね。

海外に行く時、旅行保険はかけてる?

海外へ行く際に旅行保険をきちんとかけている人って、全体の6割程度らしいです。旅行保険をかけない理由としては、クレジットカードに海外旅行保険がついていたから改めて旅行保険をかけることはしない場合と、旅行保険自体の必要性を感じない場合とあるようですね。


私自身も旅行へ行くとはいえ、わざわざ旅行保険をかけたことがないんですよ。正直、最初のうちは旅行保険の存在自体知りませんでした(恥)!その後、旅行保険のことは知りましたが、なんせズバ抜けて健康体なもので(笑)旅行保険の必要性をさして感じてないんですよね。


私と同じような理由で、海外へ行くとしても旅行保険かけて無い人って、結構多いと思います。健康だとどうにも保険のありがたみがわかりづらくて(笑)。


しかし、最近何かの雑誌で見かけた海外の治療費の高さ。日本と同じ感覚でいると、かなり痛い目に逢うようで…。う〜ん、歳も歳だし、今年あたりから海外へ行く時は、旅行保険も視野に入れないといけないかも?!


健康だから必要ないように思える旅行保険。でも、万が一の時のための旅行保険。慎重な人はちゃんと旅行保険かけてるんだろうな〜。私自身もう少し、慎重さが欲しいものです。ちょっとは旅行保険の勉強でもしてみようかな?(笑)

国内旅行にも旅行保険はいるのかなぁ…

海外旅行へ行くなら海外旅行保険をかけるのが常識のようになっていますよね。確かに、勝手の違う海外で何かあったら…と思うと、海外旅行保険をかけておいた方が絶対安心。しかし、同じ旅行でも国内となったら?旅行保険ってみんなかけてるものなのかなぁ…。


私自身、海外旅行はほとんどせず国内旅行派。2ヶ月に一度はどこかに国内旅行に行ってます。しかし今まで一度たりとも国内旅行保険をかけたことがない。まー、ありがたいことに、今までは国内旅行保険をかけてないことを後悔するような目に遭ってないということでもありますが。


でも国内旅行先で、多少体調を崩すぐらいの経験はもちろんあるわけで。たいしたことなかったからいいけど、これが入院とかになってたら…と思うとちょっと怖い。


で、またもや国内旅行を間近に控え、ちょっと気になる国内旅行保険を調べてみた。大体3泊4日ぐらいなら高くても千円程度の保険料。これで万が一、国内旅行先で病気や怪我、事故に遭っても補償されるとなれば、やっぱ安いのかなぁ。


実際の所、国内旅行保険のニーズってどれぐらいあるんだろ?国内旅行へ行く人のうち、どれぐらいの人が国内旅行保険をかけるものなんだろ?正直、わからないのデス…。


結局、未だに決めあぐねている国内旅行保険。このまま行くと、国内旅行保険を検討しおえるより先に、国内旅行が終わってしまいそうだ…。どうか無事に、帰ってこれますように(笑)。